日高グループ 日高機械
田辺鉄工所
田鶴浜マシンウッド
 
商号 株式会社 田辺鉄工所
創業 明治37年11月1日
設立 昭和13年3月29日に改組
資本金 10,000,000円
代表者 代表取締役社長 日高明正
本社所在地 〒920−0844 石川県金沢市小橋町5番35号
TEL 076-252-0124
FAX 076-252-0125
志賀工場所在地 〒925−0157 石川県羽咋郡志賀町堀松5番1号
TEL 0767-32-3663
FAX 0767-32-3866

田辺鉄工所の沿革

 株式会社田辺鉄工所は明治37年11月1日東京都墨田区菊3丁目3番地に於いて創業し、昭和13年3月29日に株式会社に組織を改め、本社工場、竪川工場、大島工場を都内に擁し、昭和19年には金沢市馬場6丁目27番地に金沢工場を設けて工作機械、特に各種円筒研磨盤の製作に従事してきました。

 幸い重要機械を設備しておりました金沢工場が戦災を免れましたので、昭和23年4月14日本社を金沢の前記場所に移転し工場の拡充設備を図ると共に、工作機械からタナベ万能木工機の設計に着手しました。 各種の新しい考案研究と併せて生産を起動にのせ、自動型、大型、小型、卓上型並びに各種の一般高級木工機械も併せて製造、機能精度の優秀性が広く業界に認められる処となり、全国各地に出荷納入するとともに、毎年全国各都市で開催される展示会、実演会に参加し特に昭和30年5月開催の東京国際見本市、昭和31年4月の大阪国際見本市以降毎回連続出品を果たし、内外顧客の注目する処になって、多くの引き合いに接しています。

 昭和57年本社工場敷地内に都市計画法による広域道路が施設されることとなり、これを機に従来から親密な関係にあった日高機械との、より一層のグループ強化を目的として、石川県羽咋郡志賀町堀松5−1に工場を移転してこれを志賀町工場としました。

 昭和57年に志賀工場を開設し人材の確保と、設備の更新に努め、NC制御装置の自社開発に成功したこともあって、従来の汎用木工機械から脱却して特注専用の設計製造販売に注力し、特に志賀工場に近い富山県高岡市に集結するアルミサッシ加工業の旺盛な需要に応えて、NC位置決め装置付切断機、NCフライス機、ATC付20ツールNCフライス機、NC6タレットフライス機、NCルーター機、NCスタッド溶接装置などアルミサッシ加工用特注機械の製造販売に努力いたしております。

 また、同時に住宅プレカット用NC仕口加工機、NC定尺切断機、プレカットライン、またトラック用NC荷台加工機など大型専用機、大型ハイテクマシンの製造販売を開始いたしました。